2.離婚の是非について

離婚に「バツイチ」と言われるように、結婚の破錠、人生における汚点と言われることも多く、夫婦間だけの場合は、人生は再出発すれば良いと考え、離婚の決心が比較的簡単であるが、子どもがいる場合は、離婚によって、子どもを不幸にしてしまうとの考えから、離婚の決心をすることは困難と思われます。

では、離婚は、本当に子どもを不幸にするのでしょうか?

実際は、両親が不仲で争いが多く、絶えず緊張した家庭状態の中で、親の顔色を伺いながら、ビクビクして不安定な生活を強いられることのほうが、子どもの発達には悪い影響を及ぼします。

子どものいる離婚は、夫婦は別れて他人となっても、親子の縁は切れませんから、父親、母親として、離婚後も、上手に付き合ってゆく必要があります。