「離婚」はじめに

最新のデータによると、「結婚をしても、相手に満足、もしくは納得できないときは離婚をしてもよい」と離婚を容認する人々が過半数を超えて、とりわけ婚姻年数の浅い若年夫婦と婚姻年数が30年を超える熟年夫婦の離婚率が急増しています。

また、未就学児を持つ専業主婦、共働き夫婦のかなりの人々が子育てに自信を持てなくなっている現状があります。

そして、近年、急速に増加を示している、児童虐待についても、その主な要因は、経済困難の他に、地域、友人、親兄弟からの孤立が目立っています。

このような状況の中で、子育て中の若年夫婦が、どのようにすれば幸福な家庭を築くことができるのか。

また、夫婦間に危機が生じたときは、夫婦関係をどのように修復すれば離婚を回避することができるのか。

やむを得ず離婚をする場合に、夫婦、親子にどのような影響をもたらすかなど、不安を抱えているご夫婦も急増しています。

特に、子どもがいる夫婦の離婚では、日常生活や心情に、どのような変化が起きているのか、今後の子どもの成長にどう影響するのか。

実際に、子どもに影響がみられたときは、どう対処するべきか、子連れ再婚における留意点など、多くの疑問が出てきます。

このような状況のなかで、夜泣き、夜尿、腰痛、不登校、ひきこもり、いじめなどの問題が発生しますが、当初は、子どもの問題と考えていたことが、実は、夫婦の不和、不信感や親の心の在り方に原因がみられるのですが、そのことに気づけないまま、子どもに当たり、躾のつもりが、虐待になることもあります。

このような夫婦間の心の葛藤や、不適切な子育てによる親子間の歪みは様々ですが、早めにカウンセリングを受けることで回避できることも沢山あります。