グリーフカウンセリングの意味と必要性について

グリーフカウンセリングは、愛する家族、愛する人、大切な方を亡くされた人を対象に悲嘆からの立ち直りをサポートするカウンセリングのことです。

近年、グリーフカウンセリングが注目されています。対象喪失(祖父母・親・配偶者・兄弟・子供・恋人・友人など大切な人)し、長い間その辛く悲しい気持ちを誰にも話せずにいて、悲しい気持ちをひきづって行くなかで、不安や恐怖、怒り、憤り、強迫等の感情に悩まされ、神経症や、抑うつ状態からうつ病などのこころの病いを抱える方が多くなっています。

以上の理由から、早い時期に症状の軽いうちに、グリーフカウンセリングを受けることは、こころの健康の面からも、非常に有効であるとされています。 人間関係や、コミニュケーションの希薄な現代社会では、もっとも必要性の高いカウンセリングのひとつとされています。